葬儀社の見積りのとり方と確認すべき注意点

20240111_121208

葬儀社の見積りのとり方と確認すべき注意点

 

葬儀の見積りとは、お葬式にかかる費用の中でも、特に葬儀社に依頼する部分について見積りを指すのが一般的です。

 

斎場使用料や祭壇、棺など葬儀に必要な備品にかかる費用、故人を搬送する際の車両代、また葬儀スタッフの人件費、飲食・返礼品の費用などです。 宗教者へのお礼、お布施については葬儀の見積りには含まれません。

 

 

目次

 

1 葬儀の見積りをとる必要性と方法

2 葬儀の見積りをとる方法

3 葬儀の見積りの内容

4 固定費用と変動費用

5 葬儀の見積書を見る時の注意点

 

  1. 葬儀の見積りをとる必要性と方法

 

葬儀の見積りを取ることは、予算を把握し、適切な葬儀プランを選択する上で非常に重要です。見積りを比較することで、サービスの内容とコストパフォーマンスを検討し、無駄な支出を避けることができます。見積りを取る方法には、直接葬儀社を訪問する方法、電話やインターネットを利用する方法があります。初めての葬儀準備では分からないことも多いため、複数の葬儀社に同じ条件で見積もりを依頼し、比較検討することが重要です。

 

  1. 葬儀の見積りをとる方法

 

葬儀の見積りを取る際には、以下のステップを踏むことが推奨されます。

  • 葬儀社選定**: 口コミやインターネットの評判を参考に、複数の葬儀社をピックアップします。

②情報提供**: 葬儀の形式、規模、希望するサービス内容など、基本的な情報を葬儀社に提供します。

③見積り依頼**: 提供した情報を基に、見積りを作成してもらいます。この際、可能な限り詳細な見積もりを依頼しましょう。

④見積りの比較**: 取得した見積りを比較し、内容と価格を検討します。

  1. 葬儀の見積りの内容 見積りの内容には、以下のような項目が含まれます。

 

式場費用: 使用する斎場や葬儀場の費用。 –

人件費: 葬儀ディレクターやスタッフの人件費。 –

棺や祭壇の費用: 選択する棺や祭壇の種類による費用。 –

葬儀関連商品: 遺影、供花、返礼品などの費用。 –

外部サービス費: 宗教者へのお布施や葬儀音楽の演奏料など。

 

  1. 固定費用と変動費用

 

葬儀の費用は、固定費用と変動費用に大別されます。固定費用は、どのような葬儀を行っても変わらない基本的な費用です。一方、変動費用は、選択したサービスや商品によって増減する費用です。予算を考える際には、これらの区分を意識して、必要なサービスとその費用を把握することが重要です。

 

  1. 葬儀の見積書を見る時の注意点 見積書を確認する際には、以下の点に注意しましょう。

 

全ての項目が含まれているか

見積もりにすべての希望したサービスが含まれているか確認します。 –

追加料金の可能性

見積もりに含まれない追加料金が発生しないか、特に注意が必要です。明確にしないと、後で思わぬ追加費用がかかることがあります。

  • 比較検討の必要性

 

葬儀の内容を事前に葬儀社から見積もりを取って比較することは、以下の理由から非常に重要です。

①経済的な負担の軽減**: 葬儀は予想以上に高額な費用がかかることが多く、複数の葬儀社から見積もりを取ることで、サービスの内容と費用を比較し、予算に合った適切な葬儀プランを選択することができます。これにより、無駄な支出を避け、経済的な負担を軽減することが可能になります。

②サービス内容の理解**: 葬儀社によって提供されるサービスの内容や品質は異なります。事前に複数の葬儀社から見積もりを取ることで、それぞれのサービス内容を詳しく比較し、故人にとって最も適切な葬儀を実施することができます。また、サービスの詳細を理解することで、後悔のない選択が可能になります。

③透明性の確保**: 葬儀の費用やサービス内容について複数の見積もりを比較することは、葬儀社の透明性を確認する手段ともなります。不明瞭な費用や不必要なオプションサービスを強要されることなく、公平な価格で必要なサービスを受けられるようになります。

④時間的余裕の確保**: 葬儀は予期せぬタイミングで必要となることが多いため、事前に複数の見積もりを比較しておくことで、実際に葬儀を行う際の判断材料として役立ちます。急な状況でも適切な葬儀社を素早く選択でき、時間的な余裕を持って準備を進めることができます。

⑤選択肢の広がり**: 見積もりを取ることで、様々な葬儀社が提供する独自のプランやオプションについて知ることができます。これにより、従来の葬儀の形式にとらわれず、故人の意志や家族の希望に合ったよりパーソナライズされた葬儀を実現することが可能です。

 

以上の理由から、葬儀の内容を事前に複数の葬儀社から見積もりを取って比較することは、経済的、精神的な負担を軽減し、故人にふさわしい葬儀を行う上で非常に重要なプロセスとなります。

長久山安詳寺 僧侶
福島県出身
30代まで飲食店を経営していたが仏教に関心を持ち、僧侶に。
タイやカンボジアなど海外の仏教徒を通じ国際貢献活動も積極的に行う。

あわせて読みたい

葬儀の準備に関する確認事項|全体の進み方は?

ここでは葬儀で用意するべきことや全体の進み方などについて解説していきます。 まずは亡くなってから葬儀…

続きを読む

分骨の方法とは?手元供養の考え方や分骨の際の証明書についても紹介します

遺骨は、骨壷に納めてからお墓に納骨することが一般的ですが、二つ以上の骨壺などに取り分けても問題はあり…

続きを読む

【病院で亡くなった時のやるべきこと】臨終から納棺までの流れとは?

失った愛する人への最後の敬意をどう示すか。病院で亡くなった大切な人への適切な手続きは、遺族にとって心…

続きを読む